のぼりでご当地フードをチェック

高速のパーキングエリアでご当地ファストフードを食べる理由が、きっとのぼりが原因だって思うようになってから、のぼりをチェックする癖がついてしまいました。

見慣れたのぼりには反応しないっていうのも分ってきたんです。

「ソフトクリーム」っていうだけののぼりには反応しないんです。

「ご当地名物のソフトクリーム」っていうのぼりになると、わざわざお店の前まで見に行っちゃうんですね。

見慣れた言葉だけではそんなに興味が分らないのに、「ご当地名物」っていう言葉がつくだけで興味を持ってしまうっていうのは不思議ですね。

かえってご当地名物がなんであるか分らないほうがいい場合もあると思います。

例えば最初から「巨峰」って書いてあると、味の想像が出来てしまうからかもしれません。

高速のパーキングですから、ほとんどが旅行者です。

そういう場合は分らないほうが、興味を持ってしまうということなんだと思います。

昔、東京名物っていうお土産が流行りましたけど、東京名物でもなんでもなかったときから東京名物ってコピーだったんですよね。

いまでも人気ですけど「東京バナナ」発想の転換ですよね、ただ最初から「東京バナナ」だと人気になってなかったと思います。

■◇■のぼりについてはこちらにも書いてあります。お得なのぼり情報