ガソリンスタンドののぼり

高速のパーキングでも、次に多いのがガソリンスタンドののぼりです。

次でいいかなって思いながら走っているんですけど、いざパーキングを出ようと思ってクルマを動かしてしまうと、ガソリンスタンドに入るのを面倒くさくなるのはどうしてでしょう?

そんなときにも、のぼりが立っていて、パタパタしているとついガソリンスタンドに入ってしまうんです。

のぼりがないと素通りなんですけど、のぼりが最後の選択をちゃんと迫ってくれるんだと思います。

いま入れておかないと、また走りながら給油のことを考えながら走らないといけないよって言われているような気になってしまうんですよね。

だからパーキングのところにあるガソリンスタンドは上手にのぼりを使っていると思います。

確かに一般道と違って、いつでもガソリンスタンドに寄れるわけじゃないから、入ったパーキングで給油をしておくべきなんですよね。

でも、ついいつもと同じ気分でまだ早いって思っちゃうんですよ。

特に給油の為にパーキングに入って真っすぐガソリンスタンドに入るなら、そんなことはないんですけど、給油の為にパーキングに入ったのに、トイレに行ったりなにか食べちゃうと忘れちゃうんですよね、給油のことって。